イラスト制作にかかるお金の話

イラスト制作をお願いしたいけど、一体いくらかかるのか分かりにくいですよね。

イラストレーターさんのWEBサイトを見てみても、料金表を載せている方は少ないです。


具体的にいくらなのか知りたくてSNSで調べてみたら、背景の描き込み量も多い一枚絵に3,000円程の値を付けているアカウントを発見。

しかしたまたま料金を公表しているアカウントを見つけて価格を見てみると、誌面のカットイラストが1つ5,000円だったりする。(困惑)



イラスト制作の相場は、あってないようなものなのです。



この値付けに関しては個々人の考え方がありますし正解は永遠にでないと思いますが、私個人の考えについて書いていこうと思います。






そもそも料金表がないのは何故なのか


これは一言、案件ごとに条件が異なり制作費が都度変わるからです。


まず、イラストが使われる媒体がWEB広告なのか書籍なのかによっても変わります。

イラストが人の目に触れる機会の多さと、使われる期間の長さが異なるからです。


基本的にイラストの制作料はあくまでもその「使用料」なので、その露出の多さ・長さによって料金が変動します。

同じ理由で、お客様が個人か法人かによっても変わります。

一般的に、料金は「個人のお客様<法人のお客様」とされていますが、それはイラストが与え得る影響は後者の方が大きいと考えられるからです。


ご依頼のイラストがカラーなのかモノクロなのかによっても変わります。

単純に手間が違うからです。これはイメージしやすいと思います。

同じ理由でデジタル制作かアナログ制作かによっても料金は違うかもしれません(私はデジタル制作のみなので、これは想像です)。


そして、あとでも触れますが納期の厳しさによっても変わります。



このような感じで、制作費は様々な条件によって変わります。

そのため一概に「カットイラスト1枚○○円」とは言えず、料金表を公表していない方が多くいるのです。


ポートフォリオに参考価格を載せている方もいらっしゃるので、気になるイラストレーターさんがいたら資料請求してみるのがいいと思います。

(私もイラスト制作資料に載せているので、宜しければ。こちらからお願いいたします。小声)


お問い合わせフォームなどから値段感を聞いてみるのもアリだとは思いますが、その時は希望を可能な限り明確にしてから問い合わせましょう。

見積もりの精度が上がりますし、お互いのコミュニケーションのストレスも減ります。


例)個人で運用しているSNSアカウントのアイコン制作の依頼を検討しています。人物1人の胸から上のカラーイラストを、予算は○○円くらいまでで、納期は○月×日で希望しています。お見積もりをお願いできますでしょうか。





イラスト制作にかかるお金〜人件費と材料費〜


では本題の、イラスト制作にかかるお金について、その内訳を見ていきましょう。


料金には、完成までの工程数や作業時間、ご依頼内容に関する確認作業など、イラストの完成に関わる工数が含まれています。人件費のような部分です。


そして忘れてはいけないのが画材を用意するための費用、所謂材料費です。


アナログ制作だと、紙やペン、筆や絵具などですが、学生の頃図工の時間で使っていたものより高価であることの方が多いです。また、最近はデータ納品も増えているのでスキャナーやパソコンも必要です。


デジタル制作も意外とお金がかかります。まず制作環境として、ハードの面ではパソコンやタブレット端末、ソフトの面ではイラスト制作のためのアプリが必要です。

アプリは無料のものもありますが、プロの方たちの多くはAdobe製品を使用しています。これが結構高価なのです。


Photoshop、Illustrator、Acrobat Proなど3種類以上のAdobe製品を使用するとなるとAdobeCCコンプリートプランを購入することとなり、個人で買う場合年間プラン(一括払い)で72,336円(2022年8月時点)。お仕事の状況に関わらず年に1度契約を更新するたびにこれだけかかります。


冒頭に例として挙げた「背景の描き込み量も多い一枚絵に3,000円程の値を付けているアカウント」のような方達は、このあたりを少なく見積もりすぎていると個人的には思います。


私はこれらを料金に反映させないと、健康に制作し続けることはできないと思っています。






イラスト制作にかかるお金〜短納期だと特急料金〜


突然ですが、東京ー新大阪 を移動しようとした場合にかかる時間とお金です。

移動にかかる時間

料金

在来線

10時間弱(乗り換え5回にかかる時間含む)

8,910円

新幹線

​2時間半

13,870円

乗り換え5回、10時間〜!?移動に一日かかるやん(白目)(大事なのはそこじゃない)

早さを求めるとそれだけお金はかかります。「時間をお金で買う」ということですね。

これはイラスト制作においても同じです。



イラスト制作の場合は、もともと組んでいたスケジュールに突然特急案件がやってくるわけですから、並行していた他の案件の作業スケジュールを組み直したり、突発的に作業量が増えたりします。

その調整費用などが特急料金として制作料に上乗せされます。



ですので、スケジュールに余裕をもって制作依頼をすることをおすすめしますし、特急で仕上げる場合はそれなりの特急料金がかかることを頭の片隅で覚えていただければと思います。


また、スピードを売りにしているイラストレーターさんもいらっしゃるので、短い納期で仕上げて欲しい場合はその方達に優先的に依頼するのもいいと思います。






まとめ

以上、そもそも料金表がないのは何故なのかということと、イラスト制作にかかるお金(人件費、材料費、おまけで特急料金)について私の考えを書きました。


イラストレーターさんによって考え方は様々ですが、参考になれば幸いです。




←したいたまものイラスト制作資料はこちらからご請求いただけます。



関連記事

すべて表示

最近、住み慣れた大阪から、家族で愛知県に引越しました。 知多市民になりました。 市民の方、県民の方、よろしくお願いします。 幼児がいる中での持ち物整理や荷造り、移動、行政の手続きなどなど・・・ ほんっっっっとうに大変でしたが少しずつ生活のリズムを取り戻しつつあります。 各種手続きが落ち着いた今は、よく自治体の子育て支援センターに親子で遊びに行っています。 「気軽に足を運べる場所」を作ろうという気持